そもそもキトサンとは? | つらい抗がん剤の副作用はキトサンを使って軽減しよう!

そもそもキトサンとは?

サプリを使う女性

抗がん剤の副作用を軽減することから注目を浴び、有名になったキトサン。
キトサンは日常生活の中でも耳にする言葉ですが、そもそもどんな成分なのか、皆さんはご存知ですか?

先ほども少し触れましたが、キトサンは蟹の殻に含まれており、蟹の殻を主原料にして作られる動物性の食物繊維です。
20世紀最大にして最後の有効物質ともいわれており、キトサンの作用は農業や畜産、水産、医療など、健康面以外の分野でも有効活用されています。
食物繊維の中で唯一プラスイオンの性質を持っているため、マイナスイオンの性質を持つ重金属や悪玉コレステロール、ウイルスなどの細菌を吸着して排出するという特徴があります。

キトサンは分子量が約10万から200万と非常に大きく、様々な物質を取り込みながら腸内を進むという働きをします。
人間にとって必要な物質まで取り込んでしまうこともありますが、腸の壁に触れたときに必要な物質は体内へもう一度取り込まれるようになっているので必要な物質が不足することはありません。
反対に、不要な物質や細菌などはキトサンの効果によって腸に吸収されることなく、キトサンに取り込まれた状態のまま、体外へ排出されます。
このようにキトサンは人間にとって必要なものは残しつつ、不要なものだけを身体の中から出してくれる効果があるのです。
がんの治療にも大いに活躍し、食物繊維でもあることからサプリメントとしても活躍するキトサン。
健康面に何らかの不安がある方はキトサンのサプリメントを服用しておくというのもいいかもしれませんね。