何故がんに効果があるか | つらい抗がん剤の副作用はキトサンを使って軽減しよう!

何故がんに効果があるか

いろんな食材

キトサンで得ることができる効果は実に様々なもので、抗がん剤の副作用の軽減もその中の一つです。
また、キトサンはがん予防としても十分効果を発揮してくれますが、何故がん予防に繋がるのか疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。
キトサンががん予防に繋がるのにはきちんとした理由があるので、疑問に思っている人のために簡単にですがご説明します。

キトサンには免疫力や自然治癒力を高める効果が含まれており、キトサンの分子が体内の発がん物質や放射線物質に集まると、体内の免疫細胞がキトサンを異物と認識します。
すると、がん細胞に対して殺菌作用や攻撃を行う働きを持つMK細胞やマクロファージなどが増え、身体全体の免疫力を高めてくれるのです。
これらの免疫細胞はがん細胞に対しても強く反応するので、結果、がんの抑制効果に繋がる他、回復力を高めてくれるというわけです。
また、キトサンはがん細胞や接着分子と結合することでがん細胞の異常な増殖を抑え、がん細胞から排出される毒素も抑えてくれるので、こういった面からもがん予防の効果があります。

この他にもキトサンには徐放作用という作用が備わっており、この作用によって抗がん剤の副作用を軽減してくれる効果があります。
副作用の軽減だけでなく抗がん剤の効果を持続させたりする働きもしてくれるので、キトサンはがん代替療法の中でも免疫力の向上、吸着機能、生体親和性、徐放作用がある優秀な素材です。
それなのに過剰症や副作用の心配もほぼない成分なので、安心して併用していくことができるのです。